INSIDRとパリの2018


パリに到着したら、いよいよパリの街が待っています!

パリの公共交通手段を使うにはまず何をしたらいいの? こんな質問をよく耳にします。

パリの交通機関は少し複雑に見えますよね? 

そこで私どもINSIDR(インサイダー)がチケットの購入方法と様々な公共交通手段の使い分けについてご説明します。


パリの散策ガイドを手に入れよう

無制限の4Gネットワークでフランス滞在中にいつでもどこでもつながれる!スマートフォンに搭載された地図と70名以上の多言語対応可なパリジャンコミュニティでリアルタイムに現地でしか得られない情報をどんどんお届けします!


NAVIGO Passについて

 

NAVIGO Passの有効期限

 
Navigo price-jp.png
 

2017年8月からの新料金は、大人料金22.80€/週、または、75.20€/月でゾーン1 - 5まで有効期限内であれば何回でも乗車できます。

2018年からは一日券も販売開始予定です

※Navigo Passカード作成時に初回のみ5€が必要です。

 

購入方法 & 購入場所

シャルルドゴール空港にご到着であれば、空港内(ターミナル 2、ターミナル 1&3 )の RER B線 駅チケット窓口 パリ/イル ・ ド ・ フランスで Navigoカードを購入、または、パリのメトロ駅構内窓口で入手することができます。

・シャルルドゴール空港にて:ターミナル2、ターミナル1&3 RER B線駅構内

・パリ中心部:メトロ、RER駅構内窓口

 
visuel_stark_new.png

Navigo Passの利用有効期限の注意点について

まずNavigo Passをチャージして利用する場合の注意点は有効期限です。

例えば、1週間分をNavigo passへチャージしたい場合、購入するのが水曜日であれば有効期限はその週の日曜日0時までとなり、1か月分をチャージする場合の有効期限は購入する月の最終日となることからパリに到着後はNavigo Passを最大限に活用するため到着後に一日でも早くチャージすることをお勧めします。

Navigo Passは、一度作成しておけば次回パリを訪れるに再度利用できるのでとても便利です。

また通常のNavigoの種類は居住者用と、短期滞在者用の二種類あり、購入の際は短期滞在者用のNavigo Découverte(ナヴィゴ デクーヴェルト)を購入する旨を必ず伝えてください。

基本パリ市内の公共交通機関は全てNavigoに対応していますが、オルリー空港に向かう新交通システム(OrlyVal)は対応していません。

 

購入時に必要な物

・証明写真(高さ3cm,幅 2.5cm )

・料金:初回のみカード作成のため5€+ 交通費

 

Navigo Passの利用をお勧めするケース

例えば、

・滞在中の何度もシャルル・ド・ゴール空港とパリ市内を行き来する予定がある

・ヴェルサイユに行きたい

・La Vallée Village アウトレットで買い物をしたい

・フォンテーヌブローに行きたい

・デイズニーランドへ行きたい

パリの主要2空港(シャルル・ド・ゴール、オルリー)に向かう場合、シャルル・ド・ゴール行き直通バス Roissybus(ロワシーバス)とオルリー空港行き直通バス Orlybus(オルリーバス)のどちらもNavigoで利用可能です。

 

INSIDR(インサイダー)のスマートフォンを体験しよう - 世界中を飛び回る旅行者の最高の味方

インターネット接続無制限 (フランス国内通話&ショートメッセージとMMS/フランス国内とヨーロッパ内42ヶ国での無制限4Gインターネット/Wifi ホットスポットとしてお持ちの端末(ノートPC/iPad/iPhone等)のインターネット接続も可。

100%正真正銘パリジャンオススメ、広告なしのデジタルガイド

-INSIDR パリマップ (700以上の観光客向けではない、パリジャンが行くような場所のオススメを掲載)

-INSIDR コミュニティー (メッセージアプリからリアルタイムでフレンドリーなパリジャンに質問ができる)

-INSIDR ウォーク (パリ市内)、INSIDR ロードトリップ (フランス全土)

WhatsApp+Image+2017-11-04+at+13.14.11.jpeg

パリ旅行をもっとスムーズに、そしてエレガントに!

 

INSIDRとパリの2018

 
19.jpg