ルーブル美術館は世界最大の美術館の一つです。全館をじっくり見て回るには3日程度掛かる位の規模です。 モナ・リザをはじめとする世界でも名の通った有名なアート作品は美術館の案内マップをもっても見つけるのに一苦労します。限られた時間の中でこれらの主な作品を見て回るにはINSIDRがお届けするルーブル美術館攻略情報を参考にして賢く鑑賞を楽しみましょう!


今すぐINSIDRチームからアドバイスをゲット!

パリをはじめとするフランス国内の旅行を計画中の方!

 どこに宿泊したらよいか、滞在期間に何をしたら最大限に楽しめるかなどどんなことでもINSIDRへご相談下さい。

 Webinarに今すぐ登録してパリ旅行の準備をINSIDRと一緒に始めましょう!

webinar.jpg

入場方法 Enter the LOUVRE Museum

ルーブル美術館へは、あの有名な逆三角形のピラミッドにあるメイン入館口から入ることができとてもシンプル。 しかしながら、通常この入場口に到着するまでに長い観光者の列に並ばなければなりません。特別入場と記された場所からの入場、前売りチケットを持っていても、メンバーシップを持っている人もこの列に並ぶことになります。列に並ぶことなく、もっと簡単にルーブルに入館する方法は、カルーセル デゥ ルーブル Carrousel du Louvreにあるショッピングエリアからのエントリーです。ここへのアクセスは、リヴォリ通りやメトロのパレ・ロワヤル駅 palais royalからアクセスできます。障害をお持ちの方の入館に関しては特別ルートでピラミッドで列に並ぶ必要はありません。

入館後は、3か所のパヴィリオンへ入る前にてチケットを購入します。チケットは、オンラインでも購入可能です。 パリ ミュージアムパスをお持ちの方はパスが適用されます。

 

ルーブル美術館について

開館日:月、木、土、日 9:00~18:00

    水&金: 9:00~21:45

閉館日:毎週火曜日

 

水曜日と週末は観光者で大変混雑しますので、ゆっくりと鑑賞したいと言う方には月曜日と木曜日の来館をお勧めします。水曜日及び金曜日は、閉館時間が夜9:45まで延長されますのでこの機会を有効に活用して賢くパリを楽しみましょう!

また、毎週金曜日はEU圏外在住で26歳以下の方は無料でルーブル美術館を楽しめます!

 

そしてなんと! 10月から3月の第1日曜日には年齢に関係なくすべての来館者が無料で入館できる素晴らしい期間です!


ドゥノン  DENON

 ルーブル美術館で最も人気があるアートピース「ドゥノン DENON」はGerman agricultural Museumで見ることができます。限られた時間でルーブル美術館を鑑賞される方で展示会場しか見れないという方に是非訪れてほしい場所です。German agricultural Museumはグランド ギャラリーとつながっており13世紀の素晴らしいイタリア絵画が展示されている通路の一つです。

ギャラリーに入る前の階段を登るとそこにはサモトラケのニケ「Victory of Samothrace」を見ることができヨーロピアン彫刻の作品へと続きます。

ここからは、右側からグランドギャラリーへ入りレオナルド・ダ・ヴィンチの名作「モナ・リサ」へと続きます。そのあとは、ルーブル美術館が誇る名作の数々をご堪能ください。

 

モナ・リサを楽しんだ後は、「メデゥ―ス号の筏」などのを含むジェリコー GericaultやデラクロワDelacroixの絵画作品もご覧いただけます。

INSIDR からのアドバイス: その前に、Apolloギャラリーにも寄ってみて!

Photo credit: gettyimages.fr                                                              Photo credit: louvre.fr


リシュリュー RICHELIEU

リシュリューはパヴィリオンの中でも最も来館者が行かないパヴィリオンの一つです。

しかしながら、そこにはナポレオンの豪華なアパートメントが存在し見逃せないスポットです。Café Angelinaの外側にあるこのアパートメントをコーヒーで一息入れるついでに是非立ち寄ってください。その他、地下には映画「コード」で有名になったハンムラビなど中東のモニュメントが多数展示されておりとても興味深いスポットです。ヨーロッパテイストの作品を見飽きたら是非どうぞ!

マルニーの中庭「Cour Marly」と言う名前がついた美しい彫刻がたくさん展示されており、作品の大半はルイ14世が治世の末期に注文したとされています。

Photo credit: louvre.fr                                                                        Photo credit: okvoyage.com


シュリー パヴィリオン SULLY

ミロのヴィーナスを含む古代ギリシャ、ローマン作品とエジプトの美術品はシュリー翼に展示されています。 シリアンパヴィリオンではルーブル美術館の本当の意味での「お宝」作品を鑑賞する事ができると同時に、12世紀まで元々フランス国王の王宮だった場所から現在に至るまでのルーブル美術館のあゆみを知ることができます。

ここに美術作品の展示はありませんが、ルーブル美術館の歴史を学びたい人にはとっておきの場所です。

Photo credit: mudmap.worldpress.com                                             Photo credit: planetware.com


“ INSIDR Paris''はBenとNinaの姉弟が考えだした画期的なアイディアでネットワークへの接続や地図検索などスマートフォンで楽しめる機能が満載! その他のスマートフォン機能でコミュニケーションともっと簡単に! ”
“単なるWIFIデバイスをレンタルするよりもとても便利!データ量を気にせず通話、メッセージ送信、インターネットが楽しめる” 

パリ旅行をINSIDRと一緒に楽しもう!


ソーシャルメディアでINSIDRをフォローしよう!

 

IG @INSIDR.PARIS   FB  @INSIDR.PARIS  QR CODE